_DSC0026_6954
───運命の鎖を解き放て!
S.H.Figuarts 真骨彫製法 仮面ライダーキバ のレビューです。
_DSC0046_6781_DSC0005_6741
_DSC0008_6744_DSC0007_6743
全身。
ややマッシヴな鎧ではあるけれど中は細身であるというキバの特徴を押さえた体型で、適度に引き締まったボディラインが良いですね。
_DSC0051_6786-2_DSC0012_6748-2_DSC0015_6751
マスク。
スーツのものよりは少々鋭さ控えめに出来てて、少し横に太く縦に短い印象を受けます。恐らく口元がミリ太めだからかな。
通常のパーツ構成とは違うらしく、よくこのサイズで…!
流石真骨彫、キバのイメージを押さえた造形ですね。

_DSC0021_6757
胴は赤色装甲の3,4段目(鳩尾辺り)が別パーツなので屈んだ際に逃がせられ、非常に動かし易いナイスなポイント。
_DSC0024_6760
_DSC0026_6762
エングレーブに施された墨でディティールが引き締まって見え、雰囲気ありますあります。
襟部分が別パーツなので引き出したりで表情付けに一役買ってます。
_DSC0027_6763_DSC0028_6764
肩の引き出せる範囲が広くて、肩部装甲もヒンジでグリグリ動いて綺麗に追従してくれるので、肩の基部が丸見えって事が無くて見栄えが良いですね。
_DSC0030_6766

_DSC0033_6769-2
股関節はDBアーツのような、カバーで隠しつつ連動して動く処理なので、可動域が格段に向上してるのがとても嬉しい…
_DSC0031_6767
キバットバットⅢ世。
口と翼が可動し、フエッスエルを咥えさせられまして取り外してスタンドを使えば浮かせられるので非常にプレイバリューが高いですね。
_DSC0032_6768
_DSC0033_6769
フエッスエルはエングレーブも彫ってあるという芸コマ。
_DSC0034_6770_DSC0035_6771_DSC0036_6772
右足(封印状態)
足首の装甲は軟質パーツなので干渉しても少し融通が利くのでありがたい所。
足首を引き出して可動域拡げられるの、踏ん張り利かせたポージングとか容易に出来てホント良いです…他のアーツでもこのギミック欲しい…。
_DSC0057_6792_DSC0058_6793

_DSC0059_6794
右足(解放状態)
裏面はタンポプリントで再現。
右足の差し替えは過去に出たエターナルのように軸引っこ抜いて挿す仕組みなんですが、やさし~くソフティに挿さないとボッキリ行きそうで注意したいところ。
_DSC0037_6773
_DSC0038_6774



_DSC0051_6786
_DSC0043_6778
_DSC0054_6789

_DSC0017_6753

_DSC0019_6755

_DSC0004_6740_DSC0061_6796
_DSC0082_6817_DSC0083_6818

_DSC0073_6808
_DSC0086_6821
_DSC0087_6822

_DSC0091_6826
_DSC0094_6829

_DSC0103_6838

_DSC0074_6809
_DSC0075_6810
_DSC0101_6836
_DSC0080_6815

_DSC0069_6804

_DSC0071_6806
_DSC0105_6840
_DSC0106_6841

_DSC0062_6797.jpgkiva_DSC0067_6802
_DSC0068_6803

_DSC0055_6902

_DSC0045_6892_DSC0032_6960
_DSC0034_6881_DSC0057_6904
_DSC0065_6912-2_DSC0070_6917
_DSC0103_6950_DSC0076_6923
_DSC0097_6944_DSC0100_6947




_DSC0040_6968_DSC0041_6969
_DSC0032_6879_DSC0031_6959
_DSC0024_6952
_DSC0029_6957

_DSC0052_6899_DSC0048_6895
_DSC0051_6898
_DSC0053_6900

_DSC0037_6965
_DSC0036_6964
_DSC0048_6976
_DSC0045_6973

_DSC0002_6850
_DSC0003_6851
ウェイクアップ!
_DSC0008_6856-2
_DSC0010_6858
_DSC0017_6865.jpgkiv
_DSC0053_6900
_DSC0020_6868
_DSC0026_6954
_DSC0021_6869
_DSC0028_6875_DSC0025_6872


_DSC0026_6954
という事でS.H.Figuarts 真骨彫製法 仮面ライダーキバのレビューでした。

いやー…やっぱりスゴイですよね真骨彫…。デザインで狭まっちゃう可動域等を、こうやってクリアするのか!って何時もビックリさせられますよ。

襟の可動は干渉の逃がしに使えたり表情付けにとで遊び勝手が色々有って、見落としそうなポイントだけど、かなり重要だと思いました。
膝の装甲が膝関節の腿側に接続されているのも本物感に対するアプローチとしてかなり良いなと。
脚を曲げた際に、布地の突っ張りや重力に合わせて膝装甲が動く様を再現可能とかもうたまらないです。
やはり目を引く、右足の鎖が巻き付いた具合もトライアンドエラーの繰り返しだそうで、此処まで自然に再現されているのはホント凄いです…。

ライダーの骨子を分析して、フィギュアという媒体に翻訳からの肉付けという、マスプロ品としてもファンアイテムとしても魂が籠った作品、それが真骨彫なのだと改めて感じました。

鎖を解き放った黄金の鎧は勿論、闇のキバやイクサ等、色々商品展開して欲しいですね。