_DSC0074_6220
ふたけっと×MELONBOOKSコラボにて、ばん!氏により描き下ろされたドゥヴァが褐色Ver.として再びロケットボーイより発売!

ドゥヴァ褐色Ver.のレビューになります。



それでは早速レビューの方いっちゃいましょう。

原型:ほっけ 氏

_DSC0321_6023
箔押しパッケージが高級感ありますね。Sun Kissed Ver.の表記がお洒落。
_DSC0323_6025
_DSC0326_6028
_DSC0328_6030
_DSC0329_6031
_DSC0330_6032
_DSC0331_6033
_DSC0002_6036
_DSC0004_6038
_DSC0005_6039
_DSC0001_6040
まずはデフォルトでグルリ。
褐色Verという事でゴージャス感がモリモリに。
造形はそりゃあ勿論良くて、(セミ)グロス利いたお肌のテカりも良いですね。
ふたけっとコラボって事はつまりこれがここから・・・・・・
_DSC0002_6043
_DSC0003_6044
こうなります。
更に・・・
_DSC0006_6047
_DSC0008_6049
ドドン!
そして更には・・・
_DSC0009_6050
_DSC0010_6051
あら、お洒落なカラーリングですわよ!ふたなりなのでついてます、2つ。
ばん!氏のPixiv投稿によると通常版との差別化の為、スカイブルーからピンクになっているとのこと。
あんま関係無いけど自分、ラテックス素材をフィギュアで再現した時の質感が好きなんですよね…。
密着してる分、段差に吹かれたシャドーとかのグラデーションがイイって言うか・・・おっと失敬。
_DSC0011_6052
アイプリ然り、ばん!氏の絵に忠実なイメージで立体化されているのではないでしょうか。べっぴんさんデス。
_DSC0012_6053
_DSC0013_6054
この角度から見るのが好きだなー、と。
_DSC0015_6056
_DSC0105_6163_DSC0106_6164

_DSC0021_6062
重力に曳かれつつも紐と紐の間からまろび出た、ハリのある造形…!凄いですね。
_DSC0040_6081
_DSC0022_6063
_DSC0025_6066
_DSC0027_6068
_DSC0030_6071
リボンの結び目とか精緻に出来てて凄いですね。
ニップレスはマグネットパワー!(磁石)で取り付けなのでシール等でありがちな問題が無くて良い感じです。
覆う面積もデカいのでちょっとズレても大丈夫、
_DSC0032_6073
_DSC0033_6074
重力に曳かれる乳を上から押さえ付けた事で生じる食い込みがイイ!
_DSC0034_6075
_DSC0037_6078
_DSC0041_6082

_DSC0044_6085
_DSC0042_6083
後方へ反りとひねりの加わったオナカ。動いた腹筋の表情とテカリがたまらんのです。
_DSC0051_6092
脚のリボンはメタリックパープルで光の当たった際の反射が良いんですよね。
_DSC0052_6093
_DSC0054_6095
_DSC0056_6097
_DSC0064_6104
_DSC0057_6098
_DSC0060_6100
ポージングの関係で緩やかに地に着いたオシリがマロい。
水着の布地は凸ダボになっており、鬼公方着きパーツ等と差し替える事が出来ます。
_DSC0090_6149
_DSC0097_6155
_DSC0099_6157
_DSC0104_6162







_DSC0019_6060

_DSC0074_6114
_DSC0076_6116
_DSC0077_6117
_DSC0059_6118
_DSC0061_6120
_DSC0063_6122_DSC0065_6124
_DSC0069_6128_DSC0070_6129
_DSC0081_6140_DSC0084_6143
_DSC0089_6148
_DSC0096_6154_DSC0113_6169

_DSC0109_6167
_DSC0112_6168
_DSC0088_6313

_DSC0127_6269_DSC0149_6291
_DSC0146_6288_DSC0145_6287
_DSC0096_6320_DSC0093_6318
_DSC0140_6282_DSC0147_6289
_DSC0142_6284_DSC0150_6292

_DSC0101_6325


_DSC0110_6253_DSC0115_6258
_DSC0154_6296_DSC0152_6294

_DSC0125_6267_DSC0121_6263
_DSC0130_6272_DSC0134_6276
_DSC0138_6280
_DSC0108_6332
_DSC0105_6329

_DSC0169_6311
_DSC0168_6310_DSC0166_6308
_DSC0163_6305
_DSC0132_6274
_DSC0099_6323
_DSC0090_6315
_DSC0161_6303
_DSC0158_6300
_DSC0155_6297
_DSC0156_6298

_DSC0070_6216
_DSC0064_6210
_DSC0071_6217
_DSC0068_6214
_DSC0069_6215

_DSC0073_6219
_DSC0074_6220
_DSC0075_6221_DSC0078_6224
_DSC0076_6222_DSC0079_6225
_DSC0080_6226

_DSC0105_6249_DSC0109_6252


_DSC0130_6186_DSC0135_6191
_DSC0131_6187_DSC0136_6192
_DSC0132_6188

_DSC0095_6240
_DSC0089_6234

_DSC0102_6247
_DSC0081_6227
_DSC0085_6231
_DSC0087_6232
_DSC0084_6230

以上、ロケットボーイ ドゥヴァ褐色Ver.でした!

実は私、ドゥヴァに並々ならぬ執着を持っておりまして、それがこう・・・褐色Ver.として手元に在るってだけで感涙です・・・。
(諸々ゴタついて注文逃しただけなんですけどもw)

さて本体の方は、しなやかでいて芯がある力強い女性の造形がバリバリに光っているなと思いました。
特に、胸郭とオナカとの繋がりが素晴らしく! 腹斜筋と腹筋の窪みが強調されて綺麗だなぁ!と。

グロスとメタリックって合いますね。
で、この塩梅がイイ。グロス掛け過ぎると、ばん!氏のマットでいてツヤの有る絵柄に対して、矢鱈テッカテカになってやり過ぎ感が否めなくなりますが、この塩梅なら、元絵のハイライトも照明で対応出来るしアクセントにもなるので撮っててホントに面白かったです。

差し替えパーツも御柱2つとモローンなので計三つと飾る際に幅が有ってこれはニンマリ。
ニップレスもマグネットパワー!でポロリとかも無く、簡単に着脱出来るので組み換えの際にストレスがなく嬉しい仕様。

ただ少し、頭部に眉毛のプリントが無いのが勿体なく感じました。煽りで見た時に無くて若干の違和感。
前髪で全部隠れるが故に、イラスト的な表現では再現出来ないのだと思いますが、下から見た時に眉毛が有ると嬉しかったですね。

その気になった一点以外はもう只々、凄・・・って気圧されてましたよ。
パワーが有っていいですねぇ。
遂に念願が叶った訳であり・・・本当に嬉しいです。
褐色が発表された際は「之は何としても!!!」となってましたw

次は同じく、ほっけ氏原型のぴょん吉 氏イラスト立体化の七海葵ちゃんが来るのでそちらも楽しみです。

此処までお付き合いいただきありがとうございました。