_DSC0047_5462-2.jpgsssss
サークル:おぶまんじゅう の「鬼の湯」から、ダイキ工業より発売された柊ちゃんをレビュー。

メーカー:ダイキ工業
原型師:トモゴマフ 氏
彩色:わきメカのまつ 氏


_DSC0004_5387_DSC0005_5388
_DSC0006_5389_DSC0007_5390
_DSC0008_5391_DSC0009_5392
さて例の如く全身。
見ての通りYUAMI姿にございまする。安定感のあるボディでステキ。
_DSC0010_5329
表情はおぶます先生に寄せてる感じがします。
やっぱ鬼の女の子は良いですなぁ。
_DSC0016_5335
_DSC0013_5332
_DSC0014_5333
_DSC0015_5334
_DSC0018_5337
_DSC0020_5403
_DSC0023_5406
バスタオルは軟質パーツ。ボディラインに張り付いた感じがたまらないデス。
_DSC0024_5407_DSC0025_5408
_DSC0051_5466

_DSC0030_5312-2_DSC0019_5301-2
_DSC0001_5283_DSC0002_5284
_DSC0006_5288_DSC0007_5289
_DSC0008_5290_DSC0009_5291
ツルポーンからの全身。
_DSC0001_5384_DSC0002_5385
引き締まりつつがっちりした背中の肉付きがいい…!
_DSC0026_5345
_DSC0019_5338
_DSC0021_5340
重力!!!って感じの垂れ具合がヤバい!
左肩を上げて肉の窪みまで有るのが特に凄いッ!
_DSC0024_5343
_DSC0025_5344
_DSC0027_5346

_DSC0038_5357
_DSC0039_5358
_DSC0044_5363
ジャンゴーはデカールですね。
_DSC0064_5383
_DSC0063_5382
_DSC0062_5381
爪はグロスかかってます。


_DSC0018_5401
_DSC0017_5400
_DSC0026_5409_DSC0027_5410
_DSC0028_5411

_DSC0012_5395_DSC0048_5463
_DSC0020_5436_DSC0022_5438

_DSC0054_5373_DSC0048_5367
_DSC0032_5314-2
_DSC0023_5342
_DSC0031_5313
_DSC0033_5315_DSC0002_5321
_DSC0004_5323_DSC0009_5328
_DSC0028_5347
_DSC0029_5348
_DSC0030_5349
_DSC0058_5377
_DSC0044_5459

_DSC0059_5378


_DSC0032_5351_DSC0034_5353
_DSC0035_5354_DSC0042_5361
_DSC0027_5443_DSC0026_5442_DSC0040_5455_DSC0030_5446_DSC0031_5447_DSC0037_5452


_DSC0013_5295
_DSC0012_5331-2

_DSC0031_5313
_DSC0026_5345

_DSC0025_5441
_DSC0009_5425

_DSC0052_5467_DSC0055_5470
_DSC0063_5477_DSC0057_5472

_DSC0045_5460
_DSC0046_5461
_DSC0047_5462
_DSC0029_5412

了。

ダイキ工業さんの柊ちゃんでしたが造形と塗装は言わずもがな。
ただ、個体差ですが股間の塗面が荒かったり右肩に鑢で削った様な小傷(製造時?それともそもそもの仕様?)が有ったりでそこがチト残念。

それにしてもボリューム感といい…素晴らしい……その一言に尽きます。
やっぱり重力感のあるオパーイの造形が凄いですね。
バスタオル姿の時も張ったトコに張り付いてる感じとスキマが煽情的。
キャストオフは差し替えでなくバスタオルを脱がしてってのもそれっぽくて好きですね。
流石ダイキ工業・・・。

あと今回、白背景の素材に紙を導入してみました。今迄使ってた樹脂系のとは違って柔らかく拡散するので使い勝手が良いですね。適材適所と云いますか、幅が増えたので良い事です。
もっと色んな紙とか壁紙とか使いたい…。気付いたら背景増えてるかもしれません(笑)
次買うなら最近のリボルテック系で多く使われてるあの壁紙かな…。

あみあみ
_DSC0002_5416