ブログ用
サピエンスからルーデンスへ───。

KOJIMA PRODUCTIONS × figma ロゴにもなっているルーデンスが新川洋司氏完全監修でfigmaに登場!

_DSC0004_3248_DSC0010_3254

_DSC0011_3255_DSC0012_3256
宇宙服を彷彿とさせるビジュアルですが、中世甲冑の意匠、加えて新川洋司氏のデザインという事も有って汎用性に富んだパワードスーツみたいですね。
随所に施されたマーキングの再現も素晴らしい…!
_DSC0017_3261_DSC0021_3265
_DSC0019_3263_DSC0024_3268
顔を覆うヘルム状のクリアパーツを外して。
スカルマスクから覗く眼のプリントも上々。
_DSC0040_3284
ヘルムはスモーククリアで良い具合に透けて見えます。
_DSC0003_3292
バックパックを背負う軟質のベルトは前面プロテクター部分で接着されているので実際のベルトの様にしならせたり張らせる事が可能。
プロテクターとスーツ下地が別パーツなのである程度、自在に動かしたり出来ます。
_DSC0005_3294_DSC0007_3295
_DSC0045_3289_DSC0014_3302

_DSC0041_3285
バックパック。右のターニングディスクでアンシンメトリなのが新川さん味有りますよね。
スーツと接続されたケーブルは軟質で可動の妨げにならず、バックパックと接着されていないので先述のベルトギミックと相まって、ケーブルがポートから引き出されるギミックが搭載されています。
_DSC0043_3287_DSC0013_3301
腕部。
肘関節の上がロールします。
_DSC0001_3290
肩を覆う段々状のアーマーは1パーツで再現。腕部とジョイントで取り付けられている為、動きを付けられます。
_DSC0008_3296_DSC0009_3297
_DSC0010_3298_DSC0011_3299
脚部。
全体を覆うプロテクターとターニングディスクがカッコいい…!
_DSC0016_3304
靴底もバッチシ。
_DSC0025_3269
付属のスピアフラッグを持たせて。
フラッグは両面にロゴがプリントされた黒と片面プリントのクリアグリーンが付属。
_DSC0023_3311


_DSC0013_3257_DSC0016_3260-2
_DSC0026_3270_DSC0026_3270-2
_DSC0032_3276_DSC0031_3275

_DSC0038_3282_DSC0024_3312

_DSC0022_3310_DSC0025_3313

_DSC0034_3322

_DSC0033_3277_DSC0015_3303
_DSC0017_3305
_DSC0018_3306
_DSC0020_3308
_DSC0035_3279
_DSC0026_3314
_DSC0027_3315
_DSC0037_3325
_DSC0028_3316

ブログ用

figmaルーデンスでした!

新川洋司氏完全監修という事でカラーリングや各部のマーキングといった所まで抜かりなく、本当にホントのルーデンスですね!
ケーブルやベルト等が軟質素材で非接着なのが本当に動かし易いし、動きが付いて面白い所。はどことなくフワフワした感触です。
塗装はカラーリングや塗り別けに関しては文句無しですが、肩の装甲パーツ等の塗膜が粗っぽかったのが残念。

重量はズッシリ来て動かし甲斐が有ります。若干、膝が自重に負け気味なのがちょっと惜しい…!
個体差ですが頭部外装パーツの接着が歪んでた為、ヘルム部分をちゃんと固定出来なかったのが気になりました。

付属ブックレットは新川氏の画稿が掲載されていてパーツの細かい部分まで見る事が。

只でさえカッコいいのに動くし、ケーブル引き出しギミックやベルトの動き等でマニアにはホントにたまらないフィギュアです。