_DSC0105_3102_00001
七つの大罪 憂鬱の魔王アスタロト様をレビュー。後編になります。
_DSC0038_3036_00001
取り敢えず全部脱いでいただきました。
上着は着脱式にパンツから上を外してスカートを外すタイプで、上着やスカートの色移りとか若干在りますがまぁ、仕方なし…。
温度等で嵌合が若干緩いせいか少し浮いてるのも仕方無い所ではあります。

_DSC0034_3032_00001
_DSC0029_3027_00001
_DSC0030_3028_00001
_DSC0031_3029_00001
_DSC0073_3071_00001
_DSC0074_3072_00001
背中がいい…。

_DSC0069_3067_00001
_DSC0070_3068_00001
_DSC0014_3012_00001
_DSC0012_3010_00001
_DSC0013_3011_00001
_DSC0015_3013_00001
_DSC0016_3014_00001
_DSC0022_3020_00001
_DSC0026_3024_00001
_DSC0020_3018_00001
尻尾は生えてるからこそ尻尾なのです。いい感じにマロい
_DSC0033_3031_00001
_DSC0027_3025_00001_DSC0038_3036_00001
_DSC0037_3035_00001_DSC0035_3033_00001

_DSC0044_3042_00001_DSC0041_3039_00001
_DSC0047_3045_00001_DSC0045_3043_00001
背中の造形にはやはり眼を見張るものが。
_DSC0049_3047_00001_DSC0051_3049_00001

_DSC0002_3000_00001_DSC0009_3007_00001
胸のフリルだけを外してみました。
_DSC0003_3001_00001_DSC0004_3002_00001
_DSC0007_3005_00001_DSC0008_3006_00001

_DSC0104_3101_00001_DSC0096_3093_00001
_DSC0101_3098_00001_DSC0098_3095_00001
今度は逆にフリルだけ。
_DSC0105_3102_00001
_DSC0108_3105_00001
_DSC0110_3107_00001
_DSC0111_3108_00001
_DSC0113_3110_00001_DSC0115_3112_00001

_DSC0116_3113_00001_DSC0118_3115_00001

_DSC0120_3117_00001_DSC0121_3118_00001
_DSC0124_3121_00001_DSC0125_3122_00001
_DSC0130_3127_00001
_DSC0131_3128_00001

_DSC0128_3125_00001
_DSC0129_3126_00001

_DSC0119_3116_00001

_DSC0067_3065_00001

_DSC0052_3050_00001_DSC0059_3057_00001
_DSC0056_3054_00001_DSC0064_3062_00001

_DSC0011_3009_00001

フィニッシュ!後編でした。


アックスに張られた弦やブレードパーツ外すとギターになるのが面白いですね。

塗装もノペーっとした感じでなく、旨い具合にアクセントが付いてるので紅多めですがクドさも無く。
ブリーチしてるツインテも自然なカンジ。
あとグローヴとギター、衣装各部と色味も光沢度合いも違うのでそこを眺めるのも楽しい。

キャストオフギミックは色移りとかも有るので、コストの面なんでしょうが着脱よりもパーツ差し替え式が良かったなぁと。
ただ、フリルだけ取ったりと色々幅のある事が出来るのでその点は嬉しい処。

背中の造形が良いフィギュアは背中以外も当然良い!正にそんな感じでした。

以上!

P.S.最後辺りの写真はライティングとかでアニメ劇中MVから勝手に感じたアーヴァンギャルドさを意識してみました。