_DSC0067_12
「仮面ライダーエグゼイド」より、
神の才能を持つゲームマスターをレビュー。
デーンジャデーンジャデンジャラスゾンビィ!

_DSC0002_26
_DSC0007_33_DSC0008_29
特徴的な左右非対称の腕部をはじめとした生々しさをメカニカルと融和させたデザインがカッコいいですね。

四肢が良い具合の細さで、広い可動域を確保出来てます。
_DSC0009_35_DSC0010_35

_DSC0042_15_DSC0050_14
_DSC0011_36_DSC0034_26
_DSC0023_33_DSC0024_28
_DSC0042_16_DSC0043_13
_DSC0036_24
_DSC0037_20
_DSC0038_22
_DSC0039_21
_DSC0041_18
「私は…仮面ライダーゲンム レベルX…!!」
_DSC0033_34
_DSC0012_34
_DSC0013_42
_DSC0032_36
_DSC0022_36
_DSC0021_39

_DSC0029_33_DSC0029_34


_DSC0028_32_DSC0027_35
「九条貴利矢の形見で、苦しむがいい。」
_DSC0029_32
_DSC0040_22
_DSC0031_33
_DSC0027_36
_DSC0028_34
_DSC0033_33_DSC0034_24
_DSC0037_19
_DSC0032_36
_DSC0048_16
「その躰じゃゲームを作る事は出来ない…いや、どうせ作ったところで…」
_DSC0049_15
「屑みたいなゲームだろうなァ!」
_DSC0044_13
_DSC0046_13

_DSC0040_21
「ゲームマスターの私に許可なく!」
_DSC0039_22
「また新しいガシャットを!」
_DSC0044_14
_DSC0037_22_DSC0045_13

_DSC0069_09_DSC0070_09
_DSC0029_37_DSC0048_18

_DSC0035_27
_DSC0036_26

_DSC0047_12
_DSC0037_23

_DSC0047_13
_DSC0042_17
_DSC0043_14
適当に見繕ったのと戦わせてみる。
_DSC0048_17
_DSC0050_15
_DSC0052_17
_DSC0051_17
_DSC0037_21
_DSC0038_23
_DSC0042_14
_DSC0041_17
_DSC0040_19
_DSC0045_11
_DSC0031_37
_DSC0067_13
「真実と共に…」
_DSC0068_11
_DSC0072_09
「闇に追放してやる…!」
_DSC0030_34
_DSC0031_36
_DSC0043_15
_DSC0053_15
_DSC0054_15
_DSC0050_16_DSC0051_18
_DSC0045_15_DSC0057_13
_DSC0034_28_DSC0046_16

_DSC0027_37
「ゾンビと言えば、増殖能力は付き物だろう?」
_DSC0067_12
以上!

仮面ライダーゲンム ゾンビゲーマー レベルX でした!

ゾンビとこれまた異質なモチーフも有ってか、動かすのが楽しいフィギュアですね。

手首が多くいのも良い点です。

腰を落としたポーズも出来るので凄い楽しい…。

ただ、バイザーも影響してると思いますが若干左眼が離れ気味…?に見え、もう少し何とかなればもっと良かったかなぁ…。
(追記)
初期不良で交換品と比較したところ、左目は只の個体差でした。