jpgdsgddgsdgdsdg
ワンダーフェスティバル2017夏限定販売のキューズQ ランサー/スカサハ"第一再臨"ver.をレビュー。

某が願望機と種火その他諸々を湯水の如く費やしてきたサーヴァントが発売予定、しかも限定版も出る……!好きなのだから買わない訳には…いかない!だから…買ったッ‼

それでは美しきケルトの女戦士をどうぞ!

_DSC0110_02
ワンダーフェスティバル2017Summerにて数量限定発売されたスカサハの第一再臨バージョンです。(後日少数販売の予定有)
イベント限定との表記ですから、後に他のイベントでも販売されそうですね。

『ランサー/スカサハイベント限定"第一再臨"』

価格:15,000円(税込)

PVC製塗装済み完成品(一部ABS)

スケール:1/7

メーカー:キューズQ

原型製作:秋雨 氏

彩色製作:ei 氏

全高:頭頂約24cm、槍全長28.5cm

_DSC0014_04_DSC0006_06
_DSC0007_06_DSC0008_06
_DSC0009_06_DSC0010_07
_DSC0011_07_DSC0012_05

召喚して一番最初にお目にかかれる黒の戦装束での立体化ですね。
スカサハの立体物は第二再臨のお姿の方にフォーカスがあたり気味の中、第一再臨の立体物が有って個人的に嬉しかったりします。

造形は勿論、塗装も塗り分けが丁寧で大変良好。目立つ塗装ハネも見当たりません。(左の髪に少し黒い塗料みたいなのが有ったのはまぁ…見なかった。何も見てない。)

手がPVCの為、槍の保持力も充分、持たせるのもラクに出来ます。

商品説明文にはキャラデザイン及びイラスト担当のこやまひろかず先生によるポージング原案であるとの事。躍動感の有るポーズで新鮮。
(今月発売予定商品の塗装及び一部仕様変更品の為、便宜上同一視しています)

_DSC0116_05

台座には召喚陣がプリントされています。
ポーズがポーズなのでディスプレイ時に破損しないかとの懸念を若干抱いてましたが、鉄芯をフィギュア本体に差し込むタイプなので一安心です。

_DSC0014_08
_DSC0016_08

得物の槍はメタリック感のある塗装になっています。穂先は軟質。

_DSC0017_04

「残念だがケルト最強かつ最美の女戦士ではない。私は闇に忍ぶ、名も無いクノイチだ」

空の境界イベントで「くノ一…?」と思ったのは僕だけじゃ無い筈。
くノ一はくノ一でも、その台詞だとまるで、たいm……(やめろ)

_DSC0023_06_DSC0021_06

絞まるトコは絞まって出るトコは出ており、メリハリの利いたスタイルの良さが見て取れます。
立体感のある装飾が映えるというものです(*´ω`)

_DSC0027_06
_DSC0028_05
_DSC0029_05
_DSC0030_05

マスクで口を覆っていると印象が違って見えますね。マスクで口を覆うのは浪漫です!別嬪さんは口元を隠しても当然に美しい…!

引き込まれる程に深い紅の瞳が幽玄的です。

艶の有るアイプリの精度も申し分無いですね。ただ、自分の撮影環境の問題ですが映り込みがレビュー写真という観方ではちょっと…(;'∀')
このテのフィギュアはディスプレイの際、環境光による映り込みをハイライトと解釈しても面白いですよね。本当に其処に在る実感が沸きます。

_DSC0044_02
_DSC0046_03
_DSC0047_03

造形がシャープな髪にはシャドウが各所に吹かれ、単調さを感じさせない良いアクセントに。

_DSC0029_06_DSC0030_06

_DSC0040_04_DSC0041_04
_DSC0013_07

太過ぎず細過ぎずの程よい腕の細さで、肘の凹みシワの少ないディティールにピッチリ感が出ていますね。

ガッチリしつつ女性らしいシャープさを兼ね備えた指の造形が魅力的です。

_DSC0031_05
_DSC0032_05
_DSC0034_04
_DSC0036_04
_DSC0039_04
_DSC0040_03

おおきい。

脇の造形も素晴らしいもので……腕を動かす事で、引っ張られるようにして生じた戦装束のハリやシワが細かいです。

肩のアーマーのメタリック感と布地の質感の対比が面白いですね。

_DSC0041_03
_DSC0042_01

自己主張が激しく、自重を知らぬ王者の証(突起)がエクセレント。

_DSC0048_03_DSC0049_03

_DSC0055_02_DSC0059_02
_DSC0020_04_DSC0019_04

季肋部の作り込まれた造形には素晴らしいと言う他無し……!

_DSC0018_03_DSC0016_05

クビレのある柔らかで肉感的なボディラインは大変、筆舌し難いものです。

_DSC0015_04_DSC0014_05

シワは体のヒネリに追従した造形で何処に引っ張られているかがシッカリ見て取れますね。

_DSC0022_07_DSC0021_07
_DSC0013_04
_DSC0025_05

背中の凹凸に拘りを感じる…。

_DSC0024_06
_DSC0023_07

はためいた表情の腰布はフンワリとして今にも動き出しそうな程。

_DSC0043_03
_DSC0003_07

肉感的なふとももがたまりません。

_DSC0011_08

ふとももの食い込みは最強です!

_DSC0062_02_DSC0010_08
_DSC0067_02
_DSC0012_06
_DSC0005_06_DSC0007_07
_DSC0008_07_DSC0009_07
_DSC0050_03_DSC0051_03

艶やかなラインを惜しげも無く見せる戦装束により綺麗な脚が際立っています。膝裏はジャスティス。

右膝を曲げる事により生じたシワと隆起した腿の筋肉の造形は説得力が有ります。

_DSC0044_03_DSC0045_03
_DSC0046_04_DSC0049_04

美しい脚の先端を覆う、ソリッドで気品を感じさせるヒールは材質の違いを出す為に重厚感の有る塗装で再現されています。
脚とヒールのスキマに落ちる影がポイント。

_DSC0020_05_DSC0017_05
_DSC0038_04_DSC0035_05
_DSC0042_03_DSC0043_04



_DSC0003_08_DSC0006_07
_DSC0008_08_DSC0011_09
_DSC0030_07_DSC0028_07
_DSC0021_10_DSC0022_10
_DSC0023_10_DSC0024_09




_DSC0029_07_DSC0031_07

_DSC0033_07

_DSC0034_06
_DSC0035_06
_DSC0040_05
_DSC0041_05

_DSC0003_09
_DSC0004_08
_DSC0007_09
_DSC0008_09
_DSC0009_09
_DSC0013_06
_DSC0024_08
_DSC0025_07
jpgdsgddgsdgdsdg
_DSC0010_11
_DSC0012_09



_DSC0014_07_DSC0015_06
_DSC0017_06_DSC0020_06
_DSC0021_09_DSC0023_09
_DSC0029_08_DSC0033_08
_DSC0035_07_DSC0040_06






_DSC0134_02_DSC0137_03
_DSC0139_03_DSC0142_02

jpgh_DSC0155_02

jpgss_DSC0171

以上! キューズQ ランサー/スカサハ "第一再臨"ver.でした———!

フィギュアメーカーさんによる、ランサークラスでの立体物としてはピーエムオフィスエーさんに次いでキューズQさんからリリースされました。

オリジナルのポーズは自分の大好物であり、既に満ちた撮影意欲を更に昂らせてくれます。素晴らしい仕上がりに満足です…!

フィギュアをあまり購入しておらず、しかも限られたメーカーさんのジャンルの違うフィギュアばかり買っているのであまり強調して言えませんが、塗装の質がバツグンに良かったです。

原型を制作された秋雨氏の腕が光る作品であると思います。

しっかしまぁ…マスクは何と刺激的な………。想像力に長けたKENZENな男子諸兄には布の下の表情を想像するのがタマラナイのでは!?(笑)

さて……『今回のワンフェスに参加してない君が何故入手しているッ!?』とお思いでしょう。多分天文学的な確率で居ると思います。

(エキサイトしてるので以下反転。ネタが苦手な人はそのまま『』の下までスクロールして無視してください)

 『 (ピロロロロロ…アイガッタビリィー)
    宝生永夢ゥ!
  
   何故君がワンフェスに行かずに、スカサハを撮影出来たのか。
      何故スカサハを手に取れたのか。
       何故造形を楽しめたのかァ!
        その答えはただ一つ…。アハァー…。
    宝生永夢ゥ!
     君が、フォロワーさんから、代理購入させていただいたから
だぁぁぁぁ!!
      (ターニッォン)アーハハハハハハハハハアーハハハハ(ソウトウエキサーイエキサーイ)ハハハハハ!!!

                                                       
それは…Twitterでのフォロワー様のご厚意により、代理購入をしていただけたからなのだッ!感謝!感激!雨霰ッ!


それでは閲覧有難う御座いました…!