_DSC0016_01
「Fate/stay night」より
figma アーチャー をレビュー。

_DSC0003

_DSC0004_DSC0005

_DSC0010_01
アーチャーが使用する夫婦剣、干将・莫耶は勿論付属。
_DSC0031
なんたって弓兵ですもの、弓も付属。
_DSC0021_01
アーチャーが投影する宝具、『偽・螺旋剣(カラドボルグⅡ)』
軟質で成型されています。
Fate/GrandOrderにて本家本元を振う、オジキことフェルグス・マック・ロイのと比べてみるとほぼ別物ですね。
共通点は刀身位しか無いような…。
保持の際は付属の、矢をつがえる際のと思わしき右手首が有りますのでそちらで保持するのが良いのではと。
_DSC0032
全くの別モンを持たせてますが↑の写真みたいな感じで保持します。
_DSC0027_03
あかいあくm……マスターの凛と一緒に。
_DSC0010_04
_DSC0008_04

_DSC0005_02
_DSC0006_02
_DSC0027
_DSC0024_01

_DSC0006_04
 ―――投影、開始。

_DSC0007

_DSC0011
jpgk
_DSC0001_01
_DSC0028
_DSC0004_01
_DSC0008_01
_DSC0006_01_DSC0009_01
_DSC0003_02
_DSC0016
_DSC0010_02
_DSC0012_01
_DSC0013
_DSC0021
_DSC0044
_DSC0046
_DSC0048
_DSC0027_02
_DSC0025_01

_DSC0014
_DSC0020_DSC0015
_DSC0027_01

_DSC0022
"鶴翼三連"
_DSC0034
別に、ソレらしい槍を射ても構わんのだろう?
_DSC0042
_DSC0039
_DSC0038
_DSC0035

_DSC0031_01
_DSC0021_03


_DSC0043
 ―――我が骨子は捻れ狂う!
"偽・螺旋剣"!
_DSC0005_04
"熾天覆う七つの円環" ―――!


_DSC0028_01
「 ―――投影、開始。」
_DSC0029_01
「この光は永久永遠に届かぬ王の剣・・・永久に遥か黄金の剣(エクスカリバー・イマージュ)!」

_DSC0028_02
_DSC0033_02
"―――ついて来れるか"

_DSC0035_01
I am the bone of my sword.

Steel is my body, and fire is my blood.

_DSC0036_01
I have created over a thousand blades.

Unknown to Death.

Nor known to Life.

_DSC0038_01
Have withstood pain to create many weapons.

Yet, those hands will never hold anything.

_DSC0039_01


So as I pray,UNLIMITED BLADE WORKS.

_DSC0003_04
_DSC0016_01
_DSC0004_04
ご覧の通り、貴様が挑むのは無限の剣。剣戟の極地!
恐れずしてかかってこい!!
_DSC0015_01

以上!

初版は買い逃してしまい、首をオーバーエッジの如く長くして再版を待っていた甲斐が有りました。
アーチャーだ……アーチャーだよ………!
今のFate系figmaと比べると些か古い雰囲気という印象を受けますが、出展が旧フォーマット同様、原作ゲームのstay nightだから統一した雰囲気なのでしょうかね。
良い物であるという事に変わりは有りませんが。

自分としては四肢の可動の物足りなさが少しばかり気になったので、リニューアルが出るならそちらに期待したいトコロです。



↓プリズマ☆イリヤ ドライでのシーンっぽく撮ってみました……
 ※真名バレ注意











_DSC0023_02v

「英霊エミヤ
          ―――遠い未来 ここではないどこかの世界
           俺ではない俺が至った未来の英霊
           世界と契約した人類の守護者
           俺と………切嗣の目指した正義の到達点 」