DSC_0095_07
「仮面ライダークウガ」より
仮面ライダークウガ アルティメットフォームをレビュー。
「じゃあ、見ててください。俺の、変身。」

DSC_0043_27

プレミアムバンダイ7月発送商品
価格:6,480円(税込)
DSC_0047_30
今回、真骨彫製法としては初めての魂ウェブ限定商品であり、パッケージは従来品との差が有るかどうか気になる所でしたが、今まで通りのフォーマットです。
DSC_0048_35
梱包は、マイティフォームと同じく、本体が上で付属品が下の二段ブリスターでした。
DSC_0056_33
DSC_0060_28
DSC_0058_29
DSC_0059_31
全身。
細過ぎず太過ぎず程よいプロポーションで、金のラインは上品な仕上がりで、アーマー等はややマットな質感の仕上がり。
躰に張り巡らされた血管状組織の造形、塗装共に良好です。
腕や脚から突き出た棘のエッジはもう少し利いてても良かったかもしれませんが、先端が少しダルめなのは破損防止の為ですかな?
なお、権利関係のマーキングは首の裏側にプリントされています。
関節のテンションは良い具合。
DSC_0156_05
マイティと並べて。
スーツアクターの富永氏の体系を基にした素体は同じであるものの、印象は大きく異なりますね。
DSC_0075_19DSC_0079_13
デフォルトの赤眼頭部。
コントロールクラウン(角)が2本から4本になり形状も鋭利に。
アーマードマウス(クラッシャー)が従来のフォームと異なり、ややエッジの利いた造形に。
自分のは引きが悪かったのか、アーマードマウス左端まで塗装されて無かった為、正面から見ると少し間抜けな印象に…。
頭部交換の際は真骨彫アギト、ディケイドと同様に頭を首から引っこ抜いて交換する仕組みです。
DSC_0077_17DSC_0078_12

こちらは黒眼。
黒眼部分は塗装で再現。
こっちも少し塗りがはみ出てるのでちょっと印象が……何故だ…。
DSC_0061_21
肩はここまで上がります。
肩アーマーはヒンジ+ボールジョイント。
二の腕と前腕にロール軸が有ります。
DSC_0173_07
今回、二の腕側の肘にも凸モールドが存在する為、腕側の肘関節のみ可動する構造の関節が新規に作り起こされています。
後肘部にも金色のラインがありますね。
DSC_0062_25
それにより、肘は90°ちょい曲がります。
(写真のよりもう少し曲がります、御免なさい許して…)
DSC_0063_27
DSC_0064_27
首の上げ下げはこれ程。
胴体は、動かし過ぎると胴体の金のラインが胸部の内側と擦れて剥がれてしまうので、あまり動かせそうにないです。
DSC_0065_24
開脚も余裕余裕。
マイティフォームの時と異なり、太もものロール域が広がった為、ここまで脚をロールすることも。
脚を上げても可動範囲を制限されることが無いので、マイティフォームの時よりも遥かに弄りやすいです。
DSC_0067_16
DSC_0068_20
DSC_0066_20
膝はこれ程まで曲がります。
DSC_0071_22
足裏のモールドもバッチリ。
DSC_0175_07
アークルの造形、塗装もシッカリしています。
クリアパーツで見え難いのですが、うっすらとアークル中心のアマダムにモールドが。
DSC_0073_21
付属品。
サムズアップ用手首は左右分付属
握り手も付属。
手の甲に書かれた古代文字は凹モールドで再現。

DSC_0154_05

DSC_0157_05
DSC_0053_32
DSC_0181_08
DSC_0183_08
DSC_0187_06
DSC_0189_06
DSC_0005_30
DSC_0008_32
DSC_0045_32
DSC_0046_33
DSC_0011_30
DSC_0028_36
DSC_0001_29
DSC_0002_29
DSC_0014_32
DSC_0015_29
DSC_0165_06
DSC_0169_09
DSC_0167_07
DSC_0166_06
『清らかなる戦士 心の力を極めて戦い邪悪を葬りし時 汝自らの邪悪を除きて究極の闇を消し去らん』

DSC_0055_30
DSC_0054_32
DSC_0013_28
DSC_0056_35
DSC_0059_33
DSC_0159_04
DSC_0073_22
DSC_0078_13
DSC_0079_14
DSC_0084_12
DSC_0081_14
DSC_0088_11
DSC_0062_26
DSC_0113_06
DSC_0129_06
DSC_0138_05
DSC_0142_03
DSC_0147_04
DSC_0148_03
DSC_0151_04
DSC_0016_29
DSC_0017_32
DSC_0016_30
DSC_0026_36
DSC_0032_33
DSC_0030_32
DSC_0022_33
DSC_0036_33
『心清き戦士 力を極めて戦い邪悪を葬りし時 汝の身も邪悪に染まりて永劫の闇に消えん』

DSC_0018_29
DSC_0019_29
DSC_0020_28
DSC_0021_29


DSC_0061_23
DSC_0062_27
設定ではドロップキックが必殺技ですが、劇中では披露されなかったので想像で。
DSC_0048_37
DSC_0050_33
変身時っぽく。
DSC_0060_30
ダグバ様は持ってないので今のところは彼で堪忍…。
DSC_0037_30
「なれたんだね、キミも…究極の力を持つ者に。」
DSC_0039_28
「はぁあっ!」
DSC_0040_24
「……え???何?」
DSC_0041_28
「嘘だろ………?」
DSC_0044_30
「ふっ!」
「あぐっ!」
自分は持ってないのでアレな話ですが、炎エフェクトが有れば、もう少し表現の幅が広がると思います。

DSC_0029_33
DSC_0031_33
DSC_0033_33

DSC_0018_29
DSC_0019_29
DSC_0020_28
DSC_0021_29
『聖なる泉枯れ果てし時 凄まじき戦士雷の如く出で 太陽は闇に葬られん』
DSC_0096_10
DSC_0101_11
DSC_0103_11
DSC_0080_11
DSC_0086_11
DSC_0096_09

空我
DSC_0095_07


以上!

遂に発送されたアルティメットフォームですが、真骨彫を謳っているだけの事は有りました。
造形は勿論、金のラインや血管状組織の塗装も丁寧で尚且つ、色もケバさが見受けられず、非常に良いクオリティでした。
ただ、自分のは顔の塗装が、埃入ってたりはみ出てたりで、2種ともあまり良くなかったので残念です…うぐぐ……。
商標のマーキング等が目立ちにくい首の裏に有ったのは英断ですね。

参考出展を見た時、デザインから腕のロールはオミットされそうだなー。と思っていたら、予想に反しロール出来、可動もしっかり考えられており、デザイン上の制約で一部可動が犠牲になってはいるものの、本物感がコンセプトの真骨彫は、単に見た感じが良いだけのブランドじゃ無いんだ。と再度認識させられました。
本当にありがとう…!真骨彫……! 

共通素体のマイティとは違って、脚を上げても腿ロールの可動範囲が狭まらないのも、かなりポイントが高い所です。
自分が弄る際、何時も悩んでいた点が改善されて最高としか…。
(ずっと思ってたのですが、上臀部の少し窪んだ造形大好きです)
本当に最高だこのフィギュア…!としか言えない出来のフィギュアでした。
現在、完全新規造形の真骨彫ダグバ様が受注中ですが、このフィギュアを撮ってて、もう、買うしかないと決めました。年々アーツ自体のクオリティが上がる中、更に質が良くなる真骨彫…次の真骨彫も楽しみです…。

いつものおまけ
(夏みかんの夢の中のアレみたいな)

DSC_0019_31
DSC_0003_35
DSC_0004_32
DSC_0005_32
「うおおおっ…!」
DSC_0006_29
「はぁああっ!」
DSC_0015_31
DSC_0009_32
DSC_0014_34
ドゴッ!
DSC_0016_31
DSC_0017_34
(夢オチ)


これまたショートストーリー的なナニか。(画像クリックでページへ)
DSC_0008_27