DSC_0229_06
Fate/staynight〔Unlimited Blade Works〕より、figma衛宮 士郎2.0をレビュー。

体は剣で出来ている

DSC_0199_06
2016年6月発売商品。
以前発売されたfigma 衛宮 士郎の2014年アニメ準拠のリニューアル版。
DSC_0201_06
DSC_0213_04
DSC_0214_04
旧版の士郎は私服なのに対し、今回は制服でのfigma化となっています。
体格も鍛えているだけあってか、カッチリした印象。
制服の中にはいつもの私服がチラリと。
DSC_0215_04DSC_0216_04
デフォルトの、微笑み顔。
2014年のアニメ版の特徴をしっかり押さえていて、アイプリの精度も申し分無し。
なお、表情パーツ交換の仕方は前髪を取り外して付け替えます。
DSC_0217_04DSC_0219_04
叫び顔。
目線は正面を見据えています。
吊り上った眉毛が良いパンチに。
DSC_0220_03DSC_0221_04
ジト目顔。
日常パートでの藤村女史の悪戯やあかいあくま等に見せる困った感じの表情っぽいですね。
DSC_0222_03
上着は軟質、腕は大体これ位まで。
DSC_0223_04
肘の曲がる角度も良し。
袖には、士郎の私服の袖も造形されています。芸コマっ!
DSC_0224_02
開脚も良好。
DSC_0226_04
脚はここまで上がり、膝もかなり曲がります。
DSC_0227_03
爪先が可動。
足裏には靴底に洗濯板のようなモールドが彫られています。
DSC_0228_04
屈んだ状態。下腹部に上腹部の一部が収まります。
DSC_0229_04
のけ反った状態。屈んだ際に下腹部に収納されていた上腹部がスライドして出てきます。
オマケに、軟質の上着と硬質の首筋は独立して可動することにより更に屈むことも。
技術の進歩を感じますね。
DSC_0231_04
付属品。
交換用手首各種と強化した鉄パイプ、通学カバン、上靴、更には双剣の干将・莫耶。あとは何時もの交換用手首ジョイントと台座。
上靴もスニーカー同様、爪先が可動。
干将・莫耶は制服姿で使ってなかったような気が……???


DSC_0232_04
DSC_0234_04
DSC_0235_04
DSC_0203_06
「投影、開始」
投影中の干将・莫耶エフェクトなんて有っても面白いかも。
DSC_0217_05
DSC_0213_05
DSC_0220_04
DSC_0216_05
DSC_0226_05
DSC_0228_05
DSC_0229_05
DSC_0223_05
DSC_0238_05
DSC_0240_08
DSC_0230_04
DSC_0232_05
DSC_0208_05
魔術回路が浮かび上がった右手。
DSC_0205_06
「――同調、開始――基本骨子、解明――、基本骨子、変更――構成材質、解明――構成材質、補強――全工程、完了」
DSC_0202_07
DSC_0206_06
DSC_0207_06
DSC_0248_08
DSC_0246_06
鉄パイプの先端がグニョっと潰れかけてるのがまた、凝ってます。
DSC_0243_07
学校での遠坂戦みたく。
DSC_0210_05
DSC_0211_05
DSC_0199_08
DSC_0201_08
DSC_0207_07
DSC_0204_07
DSC_0240_07
昔、ある出会いがあった。
おそらくは、一秒すらなかった光景。
されど。
その姿ならば、たとえ地獄に落ちようとも、鮮明に思い返すことができるだろう。
DSC_0208_06
――体は剣で出来ている。――
(I am the bone of my sword.)
DSC_0209_06
――血潮は鉄で心は硝子。――
(Steel is my body,and fire is my blood.)
――幾たびの戦場を越えて不敗。――
(I have created over a thousand blades.)
――ただ一度の敗走もなく、――
(Unaware of loss.)
――ただ一度の勝利もなし。――
(Nor aware of gain.)
――担い手はここに独り。――
(Withstood pain to create weapons,)
――剣の丘で鉄を鍛つ。――
(waiting for one's arrival.)
――ならば我が生涯に意味は不要ず。――
(I have no regrets.This is the only path.)
――この体は、――
(My whole life was)
――無限の剣で出来ていた。――
( "unlimited blade works")
DSC_0229_06

「行くぞ英雄王。武器の貯蔵は十分か。」



…カリバーンが有るのは許して…hollowみたいなアレだから…


DSC_0201_10
DSC_0202_09




以上!figma士郎2.0でした!

穂群原学園制服での立体化となり、2.0ならいっそのことアニメで追加されたジャージ姿でも良かった気がしますが、映画HF上映のタイミング等に期待ですかね。(figma桜はまだですか)
ゴリゴリにマッシヴといった感じではなく、細身でガッシリした体格で、脚がしっかりしてる為、よくありがちな自重で倒れる事も無く自立し易いです。
しかし、肩が引き出し関節では無いので腕を前に持ってこれないのは不自由に感じました…。
それと足が裾に干渉するのでそこも少し動かしにくかったり。

干将・莫耶の塗装精度も申し分無し。
強化した鉄パイプの形状が個人的にはフェチ。
1話で出た、盾にしたポスターが有っても良かったかも。

年々クオリティが上がり続けているfigmaですが、今回も例に漏れず良い出来でありました。
制服の袖口から覗く士郎の私服も自分としては好感が持てる所。
ただ、アニメ版と銘打って、ジャージではなく、制服姿と一部可動域の狭さが玉に瑕な所です。
着々と増えているfigma fateシリーズですが、10月にはfigmaキャスター(EXTRA)が発売される予定であり、楽しみな所です。
個人的に現在制作中のfateシリーズで楽しみなのは我ら大好き愉悦の王、英雄王ギルガメッシュですね。
英雄王はGrandOrderでの商品化となるそうですが、それに乗じてスカサハ師匠や青タイツ兄貴も……!頼む…!
と、まあ、そんな感じで〆と致します。

↓少しふざけちゃったシリーズ(ライダーの武器をパクってきたから別に問題ないかもしれない)
DSC_0243_08
DSC_0244_05
でもどっちかと言うと銀ピカな所とか各アームズの武器を召喚できるとか…何処のギル何とかシュさんかな?
DSC_0198_06_01
「旦那ぁ、いっちょ投影たのんますよぉ。今から見せる物を投影してくだせぇ♪」
「これも人の為になるなら…いっか…嫌な予感しかしないけど…」
DSC_0199_09
「ウォオオオ!!!」
(やっ…!やった…!なんて事を…!早くしなければ!)
「投影、開始!」
DSC_0200_08
「何とか出来た…ん?アレ…?」
DSC_0202_08
「士郎?最後に言い残す事とかあるかしら?」