DSC_0030_08
「仮面ライダーカブト」より。
天の道を往き、総てを司る男、仮面ライダーカブト ライダーフォームをレビュー。
DSC_0005_03
2016年再販商品。
定価:5400円
DSC_0006_03
DSC_0008_04
本体+手首及びカブトクナイガン各モードの二層構成。
梱包物は初版時と同様。
DSC_0028_10
DSC_0029_07
マスクドライダーのアンダースーツである、サインスーツの特有のモールドがしっかり彫られているので情報量が凄いことに…。
足首のインセクトリングは接着されておらず、位置を調節できる為、ポージングの邪魔にはなりません。
ボディカラーのレッドはメタリックレッドで彩色されています。
jpgr
正面から。
コンパウンドアイ内のモールドもしっかり作り込まれています。
jpgf
ホーン裏側も塗装済み。
実際のマスクは分割線の無い造形でしたが、この際気にしない気にしない。
jpg8
jpgu
分割線より後ろにあるパーティングラインも気にする事勿れ。
jpggg
DSC_0023_10
同じ様な可動方式の真骨彫アギトと並べて。
身長は両ライダー共に、同じスーツアクターの高岩氏の為かほぼ同じです。
DSC_0030_07
胴体のカブトブレストの腹直筋部アーマーは、前後に動くことで干渉を逃せる仕組みで、胸部アーマーも左右共に展開して逃がす事が出来ます。
DSC_0031_09
肩は大体ここまで。
二の腕はロールします。
手首は旧来のfigmaの様な一軸可動。
掌の赤い部分は付属する手首全てが塗装済み。
DSC_0032_08
DSC_0033_09
前後屈と首の可動は大体この程度まで。
DSC_0018_05
あと、個人的に気になった所ですが、サインスーツ背面の、実際に人が着てダボっとなったかの様な造形…。
劇中イメージに近付けたフォルムとシルエットが崩れない構造を新骨彫製法は謳っていますがここはもう…「変態か!」と言いたくなる程に…最高です…。
DSC_0034_09
開脚はここまで。
太ももの外端の出っ張りはここで真価を発揮…開脚すると外端が股関節外側を覆うような構造に成っているので、開脚時にラインが崩れません…とてつもなく変態だ…。
DSC_0035_09
膝はここまで曲げることが出来、つま先も申し分無くいい具合に曲がります。
DSC_0036_09
もちろん、足裏の塗装も抜かりなく。
DSC_0038_09
DSC_0039_09
カブトゼクターのホーンは可動。
DSC_0037_08
付属の手首はクナイモード持ち手、ガンモード持ち手、平手が1組+天を指さす右手。
カブトクナイガン二種。
手首ホルダー(右端)。

DSC_0019_06
DSC_0018_04

DSC_0029_08
DSC_0030_08
DSC_0003_06
DSC_0040_06
DSC_0059_16
DSC_0058_15
DSC_0026_10
DSC_0061_11
DSC_0062_14
DSC_0018_06
DSC_0064_15

DSC_0014_05
DSC_0065_14
DSC_0033_10
一応、ガンモードのグリップ底部の刃、バヨネットアックスも作り込まれてますが劇中のモノと比べると随分とあっさりした印象。
DSC_0034_10

DSC_0017_06
DSC_0003_04
DSC_0006_05
DSC_0009_04
DSC_0010_07
DSC_0016_06

DSC_0004_04
DSC_0005_04
DSC_0035_10
DSC_0043_10
DSC_0006_04
DSC_0008_05
DSC_0044_12
DSC_0047_16
DSC_0040_07



DSC_0013_04
DSC_0011_03
DSC_0039_10
DSC_0036_10
DSC_0038_10
DSC_0004_05
DSC_0061_12
DSC_0053_19
DSC_0062_15

DSC_0052_16
DSC_0066_11
DSC_0050_18

DSC_0044_11
DSC_0052_15
DSC_0055_16

DSC_0001_04

《1…2…3…》
DSC_0013_05
DSC_0003_05
「ライダー…キック…!」
DSC_0021_10

DSC_0002_04
《RIDER KICK…!》
DSC_0064_16
DSC_0056_21
DSC_0055_17
DSC_0005_05
DSC_0007_05
DSC_0008_06
DSC_0032_09
DSC_0056_20
以上!
S.H.Figuarts真骨彫製法仮面ライダーカブト ライダーフォームでした!
感触は良好で質感も、流石新骨彫って感じでした。
特に記述したように股関節の設計がとてつもなく変態なフィギュアです。
同時期に発売されていた鎧武系アーツやブレイド系アーツ、その他真骨彫では外端の出っ張りは無かったのですが、スーツの整ったモールドが目立つカブトならではの造形だと思います。
あと、背面のダボダボ感が個人的に高ポイント!。
でも、やっぱり手首が軸関節だったのはちょっとなぁ…。
せめて掌と手の甲前後に角度を付けられる手首の他に、横に角度を付けられる握り手が欲しかったですね。
拘りが感じられる良いフィギュアだけに、そこさえ無ければもっと評価が高いフィギュアだと思う所存です。
今年の9月には魂ウェブ商店で 仮面ライダーガタック ライダーフォームが発送されるのでそちらも楽しみなものです。