_DSC0523_02

「仮面ライダーディケイド」より。
世界の破壊者 仮面ライダーディケイドをレビュー
世界の破壊者 ディケイド 9つの世界を渡りその瞳は何を見る。


_DSC0472_18_DSC0473_17

2016年2月発売商品。
定価:6480円(税込)
真骨彫ブランドからのリリースということでパッケージはお馴染みの形式に。
_DSC0474_17
二段ブリスターになっており、説明書が付属。
_DSC0478_16_DSC0481_16
主人公 門矢 士がディケイドライバーにライダーカードを用いて変身する仮面ライダーディケイド。
_DSC0482_14_DSC0483_14
_DSC0484_12_DSC0485_13
素立ちと背面アップ。
デフォルトの握り手だと何かアレなのでスーツアクターの高岩氏の指先を意識した開き手に両手首とも交換してます。


_DSC0507_05_DSC0502_05
_DSC0500_06_DSC0498_06
イベントに参考出展の時から話題になっていたお顔の造形はまさしく本物と言っていいクオリティで再現。
ただ、自分のは固体差か、ディメンションヴィジョン(複眼)の左側に糸くずみたいなゴミが…しかもパーツとパーツの間に挟まっており除去出来ないのが残念…。
_DSC0540_03_DSC0542_03
付属の激情態ヘッド。ディメンションヴィジョン周囲が禍々しい形状に変化している点とシグナルポインターが黄色から紫になっている以外はほぼ同じ。
ちなみにノーマルヘッドとディメンションヴィジョンの色味は微妙に異なります。
でも、寄らないとパッと見よく分からないかも…滅茶苦茶カッコいいんですけどね…。
_DSC0492_09
付属品。交換用バックルとライダーカード、ライドブッカー各種と激情態フェイスと手首(開き手は割愛)。
手首は手甲と手の2パーツ構成。
ライドブッカー各種は腰に懸架するためのダボが付いてます。
_DSC0510_03
ボディのほとんどが彩色を施されており、ボディーカラーのマゼンタの発色も良好。なお、黒は艶有りと艶消しの二種で彩色されており拘りを感じます。
ですが塗装がやけに粗いのでそこはちょっとマイナス…。
_DSC0488_10
肩は引き出し可能。
_DSC0488_10
肩アーマーは、上下スイング+ダブルボールジョイント (二重スイング+ボールジョイント)
めちゃくちゃムリムリ動きます。
_DSC0489_08
で、最大まで肩を上げるとこうなります。
可動範囲がアホみたいに広いのでそれに合わせるかのように肩アーマーがダブルボールの恩恵か、かなり動くのでしっかり関節を隠せます。
_DSC0487_12
腕。二の腕から腕にかけて白と黒のツートンカラーで再現されてますが、何より驚くべきポイントは肘関節。
白と黒の関節パーツを使用しています。細かい…。
ちなみに、腕、二の腕共にロールします。
_DSC0517_02
おひざ。旧アーツと違って膝アーマーはしっかり塗り分けられています。太腿はもちろんロールします。
_DSC0490_10
ディケイドライバー。塗装は実際のプロップのような質感で再現。
_DSC0494_09
通常状態のライドブッカーのみ展開可能。しっかり作り込まれてて凄い…。更にこのサイズで展開するのがもっと凄い。
流石にライダーカードを収納することは出来ません。
_DSC0516_02
足裏のモールドもしっかり再現。
爪先は上下スイング。
_DSC0535_03
股関節はボールジョイントですが、関節がカバーで隠蔽されているのであまり気になりません。
※追記:後からよくよく考えると股関節は響鬼のような前後+上下スイングでした。
_DSC0532_02
可動範囲。胸アーマーと胴体が完璧な出来で可動範囲はものすごく広いです。
_DSC0545_03
バックルを展開させる際は、ベルトに差し込まれている爪を外して通常パーツから展開パーツに差し替え。
ちなみに、他のライダーにフォームチェンジして遊んでくれよな!というメッセージの様に腰が非常に外し易いです。
_DSC0546_03
外した状態。ボディに表記やらなんやらが何処にも見受けられないと思ったらまさかの場所に…。
_DSC0547_03
ドライバー自体を通常パーツから外し、展開用パーツにハメ込み。
_DSC0548_03
ちなみに、ドライバーには、付属のカードを収納可能。
_DSC0553_02
ドライバーにカードを装填できるのは大きい…。
_DSC0549_03
_DSC0550_02
プラ製のライダーカード。透明フィルムの台紙から剥がして使用します。
_DSC0722
「これで…俺もライダーに…!(なれない)」
_DSC0740
バックルの交換でこんな事も。
_DSC0724
「新しい力、試させてもらうとするか。」
_DSC0727
_DSC0730
ガシャン!《カメンライド》
_DSC0523_02
_DSC0527_03

_DSC0536_03_01
_DSC0708
_DSC0543_02
_DSC0643
_DSC0667
_DSC0528_02
_DSC0658
_DSC0578_DSC0582_01
_DSC0679_DSC0680
_DSC0682_DSC0684
_DSC0586_01
_DSC0587_01
_DSC0638
_DSC0654
_DSC0657
_DSC0673
「通りすがりの仮面ライダーだ!」
_DSC0556_04_DSC0568_01
ライドブッカーソードモード。
_DSC0634

_DSC0559_02
_DSC0565_01
_DSC0564_01
_DSC0555_03
_DSC0556_03
_DSC0571_01
ライドブッカーガンモード。
_DSC0576_01
_DSC0593_01_DSC0594_01
_DSC0597_01_DSC0600
_DSC0792
_DSC0793
_DSC0794
_DSC0795_01
_DSC0004_01
_DSC0604
激情態。
_DSC0760_DSC0768
_DSC0766
_DSC0623
_DSC0613
_DSC0614
_DSC0610
《ファイナルアタックライド ディディディケイド》
激情態の際、スカイライダーを撃墜したディメンションキックのホーミングはインパクト凄かった…。
_DSC0648
_DSC0652_01
_DSC0691
_DSC0696
_DSC0697_DSC0698
_DSC0700
_DSC0772
_DSC0773
_DSC0777_DSC0780
_DSC0782_DSC0785
_DSC0783
_DSC0788
_DSC0790
_DSC0791
_DSC0787
_DSC0625
_DSC0626
_DSC0627
_DSC0629
_DSC0693
_DSC0694
激情態と言えば情け容赦なしの戦闘スタイルだった気が。

_DSC0703


_DSC0689
「聞いていたとおりだな!悪魔!」
「悪魔!?俺が!?」
最初は預言者鳴滝おじさんによってディケイドを世界を滅ぼす悪魔だと誤解していたクウガの世界のクウガこと、小野寺ユウスケでしたが後に和解し互いを信頼する仲間に。
_DSC0640_01
_DSC0641
_DSC0554_03
_DSC0659
_DSC0662
_DSC0666
_DSC0592_01

以上!S.H.Figuartsより仮面ライダーディケイドでした!
自分がライダーにハマるきっかけとなったライダーでしたので長い事待ちわびた甲斐がありました。
塗装は粗さが目立つものの、再現性が高く、マゼンタがキレイです。

ライドブッカー各種に腰に懸架するためのダボが付いていて「アレッ…?劇中にあったっけ…?」となりましたが当時のアーケードゲームのガンバライドから
排出されていたカードを見てみるとダボがライドブッカーに確認出来たので自分の中では納得。(実物はどうか知らない)

見所は黒がマットブラックとグロスブラックで材質の違いを表現している所。
あと、スーツアクターの高岩氏の人差し指を大きく開く手癖を意識した、開き手も嬉しい点。(もうちょっと人差し指を開いてても良かったかも)
可動域もかなり広くて動かしてて楽しいです。
特に胴体が見栄えも良くて凄い動く動く。

胴体と下半身が異様に外しやすいのも、カメンライド再現が容易になっておりGOOD。
ですが、胴体をグリンと捻るとすぐボロッっと外れてしまうのは少しネック。

そしてバックルのギミックも差し替えで再現されていて、上述の通り、簡単に胴体を外しやすいので作業が非常にし易いです。
そして何よりバックルのパーツを外したベルト基部に著作権諸々の表記がしてあるのが一番感動した点。
最初全身を眺めた際、あれ…?著作表記とか何処に有るんだ…?との疑念を抱いてましたがバックルを外した際に仰天。
今度からフィギュアーツは全部この方式だと嬉しいです。

価格も付属品の多さで納得。
でも、摘まんでいるカード用手首よりは、開いた親指と人差し指でカードを持てる手首か、親指と一指し指でカードをつまんでいる手首とかが欲しかったですね。
自分は開き手に持たせてる感じで指に置いただけなので(笑)。

次回の完全新作は不明ですが、完全新規造形でこれ以上の出来に期待。
四月にはカブトの再販。六月にはクウガ ライジングマイティ七月にはプレミアムバンダイ限定商品のクウガ アルティメットフォームが販売されますが
その中でも初版を持っていないカブトとアルティメットが楽しみです。









おまけでショートストーリー作ってみました。
_DSC0001
(画像クリックでページへ)

_DSC0743
おまけその2。激情態のやーつ(画像クリックでページに飛びます)