DSC_0354_04

 
俺は…1号と2号を倒すために生まれた…仮面ライダー3号」  
 
今回はS.H.Figuartaより仮面ライダー3号のご紹介を。

・パッケージ

DSC_0283_19

DSC_0287_23

DSC_0288_23

DSC_0290_20

DSC_0292_16
ブリスター
S.H.フィギュアーツよりスーパーヒーロー大戦GP仮面ライダー3号に登場した仮面ライダー3号が発売。

DSC_0296_17DSC_0297_16

DSC_0298_15DSC_0299_12

1号2号に次ぐ3号ということもあり、全体のシルエットは似通っていますが細部のディティールなどは仮面ライダーを踏襲しつつNEXTの要素も取り入れられていて全くの別物に差別化されています。

塗装精度は良かったのですがコンバーターラング(胸部プロテクター)の下側にダマがあったのは残念。(注:WBを弄っている為、実物とは色味が異なります)

DSC_0300_13

バックルはショッカーライダーということもありマフラー同様シャンパンゴールドに近い塗装がされております。

DSC_0301_10

DSC_0302_11

DSC_0304_13

DSC_0303_10

DSC_0306_14
ヘッド。マフラーはボールジョイント接続で前後に表情付けが可能です。因みにアンテナは硬質パーツなので倒して折ってしまわぬよう注意を。

DSC_0308_13

DSC_0309_12
前後屈は大体このくらい。

DSC_0310_12

可動範囲ですが、足首のお陰で自由度が低くなっていますが全体のバランスは抜群なので申し分ないかと。

DSC_0356_04DSC_0358_03

バックルは取り外し可能なのでこのように他のフィギュアにも取り付けることが可能です。
DSC_0359_04
変身!

DSC_0329_03

DSC_0338_04

DSC_0340_02

DSC_0341_04
歴史の闇に葬られしライダー!

DSC_0330_04

DSC_0331_03

DSC_0286_23
劇中でも印象的だった指を三本立てている手が両手分付属。

DSC_0354_04

DSC_0289_25
DSC_0288_24
DSC_0290_21 

DSC_0284_22

DSC_0365_01

DSC_0367_01
股関節は引き出せるので良く動きますが擦れが怖い…。

DSC_0286_24

DSC_0327_04

DSC_0361_04

DSC_0297_19

DSC_0323_06

DSC_0335_05

肩関節も少し引きだせるので上半身の可動も良好。

DSC_0333_05

DSC_0298_18

DSC_0306_17
付属のキックエフェクトを使ってのキック。

DSC_0339_05

武器を持たない肉弾戦主体のライダーなので劇中では防御もしっかりしていましたね。

DSC_0336_05

DSC_0307_13

「完膚なきまでに叩きのめさなければ勝ったとは言えない!」 
勝敗はついてなお、Xにマウントしてタコ殴りにしてましたね。

DSC_0302_14_01

DSC_0303_13

ライダーキック! 

DSC_0291_19
「俺は…一号と二号を倒すため生まれた…仮面ライダー三号…裏切り者には…死だ」

DSC_0333_06
「勝てば正義…負けたら悪…そういうもんだろ?」

DSC_0315_12

DSC_0296_19
歴史の闇にまた埋もれてしまいそう

DSC_0291_20

DSC_0288_25

DSC_0287_25

DSC_0312_14

DSC_0301_11
運命の数だけ世界は輝く

DSC_0348_05

DSC_0330_06 

DSC_0350_05DSC_0349_05

DSC_0298_17DSC_0307_14
過ぎゆく今 刻み込めたら It’s forever-never 消えない

DSC_0317_11DSC_0318_10
以上!仮面ライダー三号でした!ミステリアス且つクールな影のあるキャラで平成ライダーだととても好きなライダーなのでこうした形で発売されて嬉しい限りです。色味の違いと塗膜の粗さと擦れ以外では屈指の出来だと言えるのでは。実際のスーツみたくブラウン系のウェザリングを施してみてもいいかもしれません。
マフラーは取り付けるのに凄く苦労するので事前にマフラーを温めておくといいです。
愛車のトライサイクロンはまだ何も発表されていないのでアレですがボーナスパーツに黒井 響一郎のヘッドが付属とか欲しいですね(机上の空論)
ではまた~